FC2ブログ


   k2なブログ
   バイク中心な独り言のページです。
   ・ 管理人紹介?
   ・ Blog Top
   ・ RSS1.0
   ・ ホームページ(FC2)
   ・ ホームページ(JCOM)
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

 モーターサイクルショーには行けなかったが・・・
今回は行きたかったのですが、都合が合わずに行けませんでした。
そんなモーターショーを検索していて気になったネタ。

ソーラムが原付用20W可変HIDを発売予定だとか。サンテカのOEMではないそうです。
交流電源でも点灯可能で6000kと8000kとファッション性重視とはいえ、ちょっと期待です。
PH7も可能でアドレスV100でも使用可能という事ですから、エアブレードにも装着可能ですね。
色温度が高すぎるのが気になりますが、これはちょっと期待です。

168.jpg

台湾のカスタムって・・・どうみても事故車の再現にしか見えないのですが・・・。
ちなみにKYMCOです。

25.jpg

タイでもモーターショーが開催されたようで、DN-01が展示されています。
きっと現地ではエアブレードの7倍以上の値段になるんでしょうね。
私も買いたくてコツコツとバイク資金を貯めていますが、一括で買うにはまだまだ遠いです。
父親が退職したら、買うかも?しれないので、「乗せて→貰おう」計画を立ててます(笑

28.jpg

さてこれはコンセプトモデルですが、比較的市販もあり得そうな完成度に見えます。
ちょっとYAMAHA的なデザインも感じますが、次世代Sonicでしょうか。

321.jpg

さて日本のモーターショーに戻り・・・お姉さんではありません。
お姉さんが手にかけているのはダンロップの超ロングセラー、TT100ですよね。
私はダンロップ以外で転倒した事が無いので、ダンロップが嫌いだったのですが、このTT100にはフロントサイズのみですが、エアブレードサイズが存在します。(若干細くなります)
tt100.jpg

チューブレスタイヤですがチューブを入れて使うことは可能だと思います。
今のIRCのビジネスタイヤの次は、このタイヤを試してみようかと思います。

しかしビジネスタイヤでも、14インチタイヤは良い物です。
もう10インチタイヤのスクーターは乗りたくなくなります。

ヨーロッパのスクーターは大径ホイールのスクーターが発売されています。
日本では足付きとメットインを両立させるためには17インチは無理としても、YAMAHAのX-MAXのようなスクーターは1台あってほしいものです。
HONDAさん、フォーサイトの後継、出してください・・・
a2182686.jpg

スポンサーサイト



バイク(その他) | 固定リンク | レス:4
(2008/03/31(月) 17:00)

 FORZAの前タイヤも交換・・・
main_01.jpg

走行中に街中で使う速度レンジでタイヤから発生すると思われる振動が、スクリーンと良い感じに共振してうるさいので、タイヤの残りはかなりあるものの、タイヤ交換をしてみました。

ミシュランもブリヂストンもダンロップも石油価格の高騰でかなり値上げをしているなか、IRCは企業努力続行?っで値上げなし。しかも日本製で頑張っているので、前輪もIRCをチョイス(意味不明
非常にお手ごろ価格で嬉しい限りです。

ミシュランのパイロットスポーツSCに変わって、今回チョイスしたのはIRC SS-530
FORZA シルバーウイング純正指定タイヤです。

後輪はIRCのSS-540を履いているので、本当は前輪もSS-540にそろえた方が良いのでしょうけれども、単純に在庫があった事、センター溝がストレートである事(振動が発生しにくい???)、今年製造の新しいタイヤであった事で、即決してしまいました。

しかし調べてみますと、タイヤパターンだけではなく、サイズも微妙に違います。
SS-530は外径534mm トレッド幅113mm、SS-540は外径526mm トレッド幅112mmとなっています。
外径は1サイズ近く違っていますね。この設計の違いは何か狙いがあるのでしょう。

ミシュランのパイロットスポーツと比べると、Rが緩く平べったいパターンになります。
タイヤの初期の慣らしが終わるまでは怖いです。カーブでキュルキュルとタイヤがなるあの感覚・・・。

さて一番の問題であった振動と異音ですが、綺麗に収まりました。
まだ走行1万ですから、ベアリングにしては早過ぎますからね。
乗り心地も良くなります。普通に走るには、このタイヤの方が良いですね。

先日、首都高をぐるぐると周ってきましたが、HOOPもパイロットスポーツもリアタイヤのサイドが溶け気味でネチョネチョ・ポロポロになりましたが、SS-540は殆ど変化がありません。
耐久性に振ったコンパウンドの違いなのでしょうか。

交換はライコランド埼玉店
前輪の交換工賃はなんと1260円と、他店のホイール持込と殆ど変わらない工賃の安さ。
前回と同じ塩○さんに交換して頂きましたが、非常にテキパキと速く作業をこなしてくれます。
知人が研修生らしき人にオイルこぼされ、拭きも甘い状態で引き渡されたりして、全員が良いとは言えませんが・・・ピット歴の長い方には非常に満足のいく作業をして頂けます。


さて走ってみますと、第一印象は曲がらなくなりました。
パイロットスポーツの方が細くて径も小さめでした。また見た目も丸っこいので、タイヤのプロファイルの違いの影響が強そうです。パイロットスポーツに比べてハンドリングが重くなります。
コンパウンドは柔らかめに感じます。真ん中は溝が1本ですので、そう振動になる段減りはしないと思いますが、サイドは結構段減りしやすそうです。溝の深さはHOOPと同じでした。
ウエットグリップは期待していませんが・・・どうなるのかが、楽しみです。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

バイク(Forza) | 固定リンク | レス:2
(2008/03/27(木) 23:39)

 AirBlade、ミラーを交換
AirBladeの純正ミラーは、小型ミラーで、後方に死角が出来やすかったので、ちょっと大きめのミラーの交換してみました。

ミラーを盗まれた人を沢山見てきましたので、安物ミラーを選択・・・。
片方1480円のミラーですが、仕上げはそこそこ。ネジ類が即効錆びそうです。

HI390172.jpg


エアブレードの車幅を広げないようにとショートタイプを選択しました。
若干後方が見やすくなりましたが、左右に広がらないようにセットすると、あまり変わらないものですね・・・。
反射したほうが安全かな?という単純に理由でメッキタイプを選びましたが、黒にすればよかったと、ちょっと後悔。
ちなみにミラーのネジ部分の固定向きが逆ですが、少しでもミラーの位置を高くしようと、ワザと逆に付けてます。

HI390171.jpg


ヤフオク等で溢れている製造元不明のあやしいミラーは、歪んでいるものがあります。
またミラーによっては同じ位置に付けても、幅広く写るものもありますね。
ミラー選びも色々奥が深そうです。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

バイク(AirBlade) | 固定リンク | レス:0
(2008/03/23(日) 19:00)

 AirBladeオイル交換
HI390153.jpg

寒さもひと段落したので?オイル交換をしてみました。
今回は面倒くさいストレーナーの掃除までしてみました。

抜いたオイルにはあまりゴミは無いようですが、ストレーナーには細かな金属片が付いていました。
7000k程度走っていますが、まだちょくちょく出ているようです。

一時期、車用オイルを入れたりしましたが、AirBladeでもFORZAでも違いははっきりと出ます。決してお勧めしません。
スペック的には純正オイルでスクーター用のE1で十分だと思いますが、S9 10w-40は非常に滑らかにエンジンが回ってくれます。
ライコランド埼玉店では1000円ちょっと。近くのディスカウントでは980円で売っています。

まだHONDAの公式ページは作成中になっていますが、ホンダ純正オイルがモデルチェンジします。
10w-30を中心にG1が鉱物油、G2とS9が部分合成油、G3がフル合成油に変わるようです。
更に、G4というオイルが加わり、なんとオートバイ用としては初?の0w-30、スーパーローフリクションオイルというが加わるようです。

今まで純正指定オイルは10w以上しかありませんでしたので、どのバイクが対応するのか気になるところです。ちなみにG4もフル合成油になっています。
0000301323s.jpg

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

バイク(AirBlade) | 固定リンク | レス:4
(2008/03/15(土) 18:27)

 新型FORZA MF-10 のリアサスの固定方法
HI390039.jpg

以前から疑問に思っていた、このブラケットを介したマウント方法。
今月号のどこかのバイク雑誌に、ホンダの開発者インタビューが載っていました。
以前HONDAに問い合わせたところ、「乗り心地を改善するための工夫であるが、詳細は公開しかねます」という、何ともあいまいな回答でした・・・

雑誌上でも、あいまいでしたが(笑
「強度的な問題の解決と、リアサスの固定位置を決めない方が、他の車種にこのエンジンを載せる時にレイアウトを制約しないようにあの方法にした。決してローダウンの為ではありません」
って感じな内容でした。

しかし今回のFORZAも基本的にリアサスはMF-08と同じ方法で固定されています。
殆ど直立に車体のかなり後方に固定されています。エンジンマウントの近くに向けて、斜めに固定した方が、乗り心地やサス自体の動きも良くなると思うのですが。
エンジンマウントを変えることで、エンジンの振動は解決しているかもしれませんが、リアタイヤからの衝撃の吸収の悪さは、新型で改善している可能性は低そうです。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

バイク(Forza) | 固定リンク | レス:0
(2008/03/14(金) 23:53)

 HONDA DN-01試乗・・・(ちょっと追加)
dn1.jpg


期待のHONDAのATクルーザー?DN-01に試乗してきました。
現行の大型AT免許は650ccという制限がありますので、680ccのDN-01は大型AT免許で乗れない大型AT車になります・・・。
どうも新AT機構の耐久性の問題で、600ccクラスに落ち着いたらしいですが。
緊張しましたが、まず軽い・・・。車重270kgという装備重量を感じさせません。
重心が低くて足つきが良いので、CB750より恐怖感は無いです。
足つきのあまりよろしくないGマジェノーマルに乗っているのと、体感重量は近い感じすらします。

スイッチでニュートラルを選択可能で、ニュートラルである間はサイドスタンドでエンジンを回すことが可能です。空ぶかしも出来ます。
エンジンはおそらくワザとだと思いますが、結構荒々しい振動があり、排気音も加速時はパンチの効いた音で、スバルのレガシーのボクサーエンジンを思い出させます。X4の時の様に音質にはもう少しこだわってほしかったかな・・・。
走り出すと軽い軽い!1速で飛ばしてやればあっという間に違法速度に到達。
体が大型エンジンのパワーでグイグイ引っ張られます。MTモードにしてギアをあげれば、街中をゆったりと景色を楽しみながら、エンジンの回転数は2000rpm前後にすることも可能。そこからアクセルを入れると、それこそアメリカン。
しかしATに合わせた特性なのか、ATのせいなのかわかりませんが、ダイレクトにガツン!とくる加速ではありません。エンブレも確実に使えるエンブレですが、アクセルOFFでも滑らか。
変速をしても繋がりはスムースで、スカイウェイブ650のようなギクシャク感はなく、MTモードを楽しむ事も十分に出来ると思います。
気なったのは、エキゾーストパイプが通るせいか右足だけが熱いです。夏場はかなり気になると思います。
カーブでは変に倒れたり切れ込んだりはしませんが、ロングホイールベースと17インチタイヤで動きはちょっと重めです。

速いか遅いか言えば、遅いと思います。CB400の方が速いでしょう。でもそんな事、どうでも良い位にエンジンの鼓動を感覚で感じながら、「バイクに乗る事」を楽しめます。団塊世代のリターン層にはもってこい。若者には物足りないって思うかも。
重量級の車体と、低重心が生み出す抜群の安定感と接地感と、重さを感じさせない車体は、大型バイクや小型バイクのそれぞれに存在する「不安」な要素を吹き飛ばし、目の前の開けた視界と後方の見やすいミラー、不足の無いパワーユニットに2気筒の大型エンジンらしい程よいエンジンの鼓動というスパイスを効かせたDN-01は、今までのバイクに無い開放的な気持ちよさを感じます。

やはり収容量は確保して欲しかったですね。T-MAXでもフルフェース1個は入りますし、フロントにはポケットを用意しています。
おそらく後輪を15インチにすればメットインは確保できたのかもしれませんが、17インチで妥協していないところに、開発者の想いはあるのでしょう。しかしこれだけのデザインを損なわない純正のパニアケースは用意すべきですね。GIVI任せは駄目ですよ(笑
メータはシンプルなのは結構ですが、ただ文字が並んでいるだけで表示も小さく見難いです。車両価格を考えても演出があっても良かったのでは?

試乗するとボールペンが貰えますが、これがなかなか凝った作りになっています。市販すると1000円位しそうな仕上げですね。このボールペンを貰うと、自然と契約書にサインをしたくなるそうです(笑
しかし20代後半突入程度の私に、150万円をポン!と出せるだけの経済力はありません!

このバイクはアメリカン・スクーター・ツアラー・スポーツとかのジャンル別けをしたり、どれかに属するという先入観があると、評価を下げることになると思います。今の大型バイクは各ジャンルで突出した内容をDN-01に比べて低価格で備えていますので、DN-01は中途半端という評価で終わると思います。
とにかく素直にバイクを走らせて見ると、とても気持ちが良いのです。
しかし風防効果の無さ、収容量の無さは、解決手段を用意して欲しいものです。本来はあの車体に両者を高次元に取り入れる事は、ホンダだったら出来たと思えますしね。
DN-01が福井社長のバイクではなくて、ユーザーの事を想っているバイクならば。

個人的要望(カエナイケド
・スクリーン、DN-01用ハードケースを用意して欲しい
・スマートキーは採用すべき。FORZAと同じダイヤル式ではなく、スイッチ式でも良いのでは?
ハンドルにキーを挿す今のスタイルでは、ナビ等のオプションが付けにくい。
タンクに付けるなんて不格好な事はしたくない。
・メットインを確保するべき。フルフェイス丸々入るスペースが出来なくても、AirBladeのサイズで十分だと思います。フルフェイスは入らなくても、マルチテックやテレオス3のようなシステムヘルメット・ジェットヘルは収容可能で十分じゃないでしょうか?サスペンションを逃がすように真ん中が出っ張っていても良いと思いますが。
・足付きは抜群だがブレーキペダルが遠く、猫背になりやすい。結局足長設計。
更にはステップ位置を微調整出来ると便利。その為には左ハンドブレーキの方が効率的。
・白黒液晶デジタルメーターに青色バックライトは古臭いし安っぽい。MDのリモコンを思い出します。
ブラックアウトされたパネルにアナログメーターが浮かぶなり、カラー液晶やELパネル表示にしてメリハリを付けるべき。
・白以外はクリアテールレンズより赤色テールレンズの方が高級感があって似合ってる。特にクリアレンズとLEDの組み合わせは、色が薄く安っぽい。ビッグスクーターのテールと区別が付かない。
・Dモードは良いが、Sモードはもっとスポーツな味付けにするべき。
・MTがおまけでないならば、親指を上に上げて操作させるボタン位置を変えるべき。ホーンやセルスターターの下に左が-、右が+にした方が、積極的にMTモードは使える。
って感じました。マイナーチェンジに期待(笑
パシフィックコースト好きな私としては、ドゥービル700がフルカウルでHFT搭載なら、まさに理想のバイク・・・。



ついでに店長のご好意で、リード110にも試乗させて頂きました。
日本の厳しい騒音規制に対応しているだけあって静かです。
振動はエアブレードの方が少ないのは個体差でしょうか。
加速は若干、エアブレードより鈍くアクセルをひねった時のエンジンの反応もよりマイルドですが、速度は確実に乗って80km/hまでは簡単に出てくれます。
何かエアブレードに比べて、抜けの悪い感じです。
小径タイヤに床下ガソリンタンクのレイアウトから生み出される運転感覚はリード90・100を思い出させますが、カーブは落ち着いた挙動で安心できるものでした。
電装系が強化されており、エアブレードはフロントカバー内に小さなレギュレーターが付いていますが、リード110は後輪スペースに大型の3相交流整流のレギュレーターが付いていました。キック無しのインジェクション仕様ですからね・・・
整備の方が趣味で?付けたHIDも装着されていました。なおリード110への取り付けサービスは行っていないと思います。
25W バラストはPIAAや88Houseから発売されていますから、加工取り付けは可能だと思います。
AirBladeは電装が弱いので無理です・・・。

更に更に・・・店長のお客様にSTX1300にもまたがらせて頂きました。
EU向けホンダ車はシートが高いという先入観がありましたが、一番下げた状態ですと身長169cmの私でも怖いとは思わないものなんですね。「ちょっと乗ってきてもらって良いですよ」という優しいお言葉には絶対に甘えられませんでした(笑
少しでもバイクが動けばとても安定性がよく真っ直ぐ走るので、重さは感じないとの事。
またがったその感覚はパシフィックコーストを感じさせます。
いや~大型バイクの贅沢な「余裕の世界」に一瞬酔いしれた幸せなひと時でした・・・。

売るだけではなく、いつも色々なバイクライフを楽しませてくれるホンダドリーム大宮と、そのお客様に感謝(笑

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

バイク(その他) | 固定リンク | レス:2
(2008/03/09(日) 18:02)

 無駄に駆動系を開けてみました。
エアブレードのベルトが痛んでいないかチェックをしたくなり・・・駆動系ケースカバーを外してみました。
リード90の時はケースカバーのネジの長さがバラバラでしたが、AirBladeは全部共通です。
またリードはワッシャー+ゴムラバー、ゴムガスケットとコストがかかっていましたが、AirBladeはワッシャー無しに紙ガスケットとシンプルです。

DSCF0675.jpg


ベルトは流石に磨耗してはいますが、おそらくまだまだ大丈夫かと思います。
長さと幅は次回調べます・・・。国内流通モデルで流用出来る可能性がありますので。

ドライブフェイスはプーリーホルダーを付ける様にはなっていないため、ラジエターを外してフライホイール等を固定して外すようになっているようです。
クランクには良くないですが、インパクトドライバーで外したいですね。

プーリーはベルトの跡が最外周部まで到達しています。
普通は純正ですと2mm以上余っているので、プーリーを削る等する事がおおいのですが、AirBladeは全くその必要はありません・・・。
内週側も斜面の先端まで跡が付いていますので、ワッシャーを入れるとベルトに負荷がかかりそうです。

クラッチ側はケースカバー内にベアリングが付いていて、シャフトの負荷を分散しているようです。
DSCF0674.jpg

ちなみにYAMAHAの原付もこの構造を採用していて、よくこのベアリングが壊れます(笑
AirBladeは大丈夫でしょうか。リード90は駆動系の冷却風がキックギアに直接かかるため、埃が付着してすぐに動きが渋くなりますが、AirBladeはきっちりと埃対策がされています。またフレーム内の空気を吸い込んでいますが、埃の進入も殆ど見当たりません。
クラッチはリード90より一回り大きく容量の大きな物が付いています。

クラッチは分解していないのでわかりませんが、加速時にトルクカムは結構効く設定になっているため、AirBladeはアクセルを捻った状態での変速タイミングが6300回転前後と、良い回転域に入るようになっています。およそ80km/hで変速が終わり7500rpm前後。そこからは加速が一気に鈍くなります。したがってウェイトローラーを軽量化したところでスカスカになり遅くなりそうです。
最大馬力は7500rpm、最大トルクの発生回転が5500rpmのエンジンのようですから、変速タイミングの設定としては絶妙だと思います。(リード110は最大トルク6250rpm)
あと少しだけ軽量化して6800rpm変速にすれば、燃費を犠牲にして僅かな加速アップは狙えるかもしれません。

日本仕様のスクーターとは違い、駆動系はエンジンパワーを引き出す様に設定されていて、ノーマルエンジンでは弄る必要性がないようです・・・。

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

バイク(AirBlade) | 固定リンク | レス:0
(2008/03/06(木) 19:52)

copyright © 2005 k2なブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア